新潟・新発田のライブハウスは「ライブカフェ LIVE Cafe SHOWBEN-小僧(小便小僧)」

LIVE Cafe SHOWBEN-小僧(小便小僧)新潟県新発田のライブハウス・ライブカフェLIVE Cafe SHOWBEN-小僧(小便小僧)新潟県新発田のライブハウス・ライブカフェ

新潟県新発田市中央町 4丁目4-5 アークビル2F TEL090-3333-4588

O.S.P 企画

2020年1月15日 更新4月18日(土) 井上ともやす ワンマンライブ2020   pm6:30op/7:00st

久しぶりの井上ともやすワンマンライブ♪
ライブ感満載のステージをお楽しみください!

オープニングアクトには地元から「タイレット・ガイズ」が出演します。

当日2800円、予約2500円

ご予約は→ http://www.showben-kozo.com/hall_guide/

井上ともやす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ナビゲーションに移動検索に移動

井上 ともやす
出生名 井上智資
別名 チーフ井上
生誕 1967年2月16日(52歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県船橋市
ジャンル フォークソングJ-POPブルーグラス
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルフォークギターエレクトリック・ギター三線マンドリンハーモニカカズー
活動期間 1999年 –
レーベル ヤモリレコーズ
公式サイト http://www2.ttcn.ne.jp/~tomoyasuinoue/index.htm

井上 ともやす(いのうえ ともやす、1967年2月16日 – )は日本の男性シンガーソングライター作曲家千葉県船橋市出身。1970年代日本のフォークソングをルーツに、現在もプロテストソングを作り歌うほか、ブルーグラスからロックまで、幅広いスタイルの自作曲を持ち、石野真子宮良牧子らの歌手への楽曲提供、CDプロデュースも行っている。沖縄県で出会ったライフスタイルに影響されて三線も弾き、自らの教室で教えている。

 

 

ホームページはこちら→ http://www2.ttcn.ne.jp/~tomoyasuinoue/index.htm

 

2020年1月13日 更新4月16日(木) まちゅこけ live tour 2020  詳細は後日!

出演 まちゅこけ

~プロフィール~
大阪は西成から日本全国
ギターとドレスで歌ってます。
4枚目のアルバム「怒涛の唄」
発売しました♪
怒涛のど根性で歌いまっす。
新潟のみなさまよろしくチャームです!

 

ご予約はこちら→ http://www.showben-kozo.com/hall_guide/

2019年11月30日 更新3月 7日(土) KIDO (vo)&KISABURO (pf)  オールディーズ ライブ !/ ゲスト 端山龍麿 pm6:30op/7:00st

KIDO&KISABUROのオールディーズノリノリライブ!
横浜を中心にライブ活動を行っていた頃、二人に憧れていた
端山龍麿がゲストで参加します!

当日3000円、予約2500円(D別)

2019年10月12日 更新11月22日(金) BUZZ 東郷昌和 / 古時計 ジェームス西田 OA タイレット・ガイズ(遠藤・藤田)   pm6:30op/7:00st 

当日4500円、予約4000円(D別)

ご予約は→ http://www.showben-kozo.com/hall_guide/

1952年(昭和27年)4月29日東京都生まれ。高校時代からバンド活動し、荒井由実、高橋幸宏、小原礼、鈴木茂、後藤次利、高中正義らと交流を持ちスタジオプレーヤーとしてCMソングを歌うようになる。その後、BUZZとして音楽活動を始める。一方、他のアーティストへのアルバム制作参加、CMソングなども多数手がける。またヴォーカルプロデューサーとしてBoAほかを担当する。現在、BUZZとしての活動のほか、マイカミュージックラボラトリー(http://www.mica-ml.co.jp/)で後進の指導にあたり、多くの実績を残している

ケンとメリーのスカイラインテーマ曲「愛は風のように」、「はつかり5号」、「あなたを愛して」等々なつかしいですね~

当日ゲストに、新発田で活躍中の「桑名シオン」がステージを盛り上げます!
こうご期待ください。

昌和

ジェームス西田:プロフィール
ジェームス西田 (西田昌弘)(A.G and Vocal)
12月16日和歌山県生まれ
箕島小学校・東山小学校・城山中学校・東邦高校・京都産業大学英文科卒業昭和49年(1974年)、当時京都産業大学英文科3年生だっだ西田昌弘は2つ年下の後輩、大場弘一と出会い、フォークデュオ「影法師」を結成。 プロを目指し数々のオーディションを受けている中で、テイチクレコードのディレクターにスカウトされ、 昭和51年(1976年)グループ名を「古時計」に改名し、テイチクレコードよりデビュー。
デビュー曲「ロードショー」は60万枚を超える爆発的なヒットとなり、同年第18回日本レコード大賞新人賞ノミネート、TBS主催東京音楽祭シルバーカナリー賞新人賞、 オリコン日本レコードセールス大賞6月度オリコン新人賞、ゴールデンディスクグループ部門新人賞等を受賞するなど「大型新人」として音楽業界で話題となる。 続くセカンドシングル「季節はずれの走馬燈」は三浦友和、池内淳子出演のドラマ「ひまわりの道」(NTV系)の主題歌として使用された。 しかし、人気絶頂の最中に突然の引退。大学を卒業し、以後30年近く音楽と離れた生活を送る。


2004年、元ポリドールレコードのプロデューサー渡辺氏と出会う。この出会いに刺激を受けた西田は、再び歌うことを決意する。 2007年4月、ソロアーティスト「ジェームス西田」として、元オフコース鈴木康博さんのコーラス・アレンジによるシングル「君だけにこの愛を」をリリースし、再デビューを果たす。 2008年4月、「古時計」時代の代表曲「ロードショー」のNEWバージョンを含む、ソロ1stアルバム「LOVERS」をリリース。 2010年2月に2ndアルバム「I LOVE YOU」、同年12月には3rdアルバム「ABRACADABRA」をリリース。 2013年3月に4thアルバム「明日に向って撃て」をリリース。 2014年11月に最新作の5thアルバム「前に前に」をリリース。 2015年2月に、シングル「僕のにゃ~」をリリース。 2016年3月に、古時計デビュ-40周年・ジェームス西田活動10周年記念として、シングル「明日は君のためにある」をリリース。 全国各地でライブ活動を行うほか、ラジオのDJやフリーペーパーでコラムを担当するなど多岐にわたり活躍している。

 

2019年10月4日 更新11月16日(土) 元 JAYWALK  中村耕一 live tour 2019  pm6:30op/7:30st

2キャプチャ

参加費当日4500円、予約4000円 (税込、dr別)
ご予約は→ http://www.showben-kozo.com/hall_guide/

 

中村 耕一(なかむら こういち)

1951年 北海道生まれ。
1969年代、学生時代にビートルズの音楽と出会いアマチュア・バンドを結成。
学校を卒業後もクリーム、ジミ・ヘンドリックス、ヴァニラ・ファッジなど当時のアート・ロック、ニュー・ロックに影響を受けながら、ボーカリストとして地元でバンド活動を続ける。

1980年に上京、翌年よりプロとしての活動が始まり30年間バンドの一員として活動していたが、2011年3月に脱退。

2013年2月に名古屋、東京を皮切りにソロ・アーティストとしてライブ活動を開始し、盟友・三宅伸治の全面バック・アップ、プロデュースによる再出発アルバム『かけがえのないもの』を発表。
さらに12月には日本の偉大な名曲たちをカバーしたアルバム「GREAT Japanese Songs Vol.1 」をリリースした。
またソロ活動とは別に三宅伸治、高橋 ”Jr.”知治 、大島賢治、厚見玲衣、梅津和時という最強のメンバーを迎えたTimeless Bandを結成。
東名阪ツアーを行い、2015年1月7日にはアルバム「Song Bird」をリリースした。

2019年9月14日 更新11月10日(日) BOWWOW 山本恭司 弾き語り弾きまくりギター三昧 in 新発田! pm2:30op/3:00st

午後のライブです!(時間を確認ください)

あの山本恭司が新発田に登場します!
華麗なギターテクニックに酔いしれて、非日常の時間をお楽しみください!

◆2019/11/10(日)
『山本恭司 弾き語り弾きまくりギター三昧 in 新発田』
出演 : 山本恭司(G,Vo)
料金 : 前売<振込>¥4,000(税込・1ドリンク付) / 前売<予約>¥4,000(税込・ドリンク別途要)/ 当日¥4,500 (税込・ドリンク別途要)
時間 : 開場 14:30 / 開演 15:00
場所 : 新潟・新発田LIVE Café SHOWBEN-小僧  http://www.showben-kozo.com/
〒957-0053 新潟県新発田市中央町 4丁目4-5 アークビル2F  Tel : 080-8763-1000
※予約受付: 予約フォームでの受付 http://www.showben-kozo.com/hall_guide/
※お問い合わせ:LIVE Café SHOWBEN-小僧 Tel : 080-8763-1000

 

2019年8月16日 更新10月27日(日) いわさききょうこ with 常富喜雄(猫)live tour 2019  OA 菊池真樹 pm 6:30op/ 7:00st

当日3500円、予約3000円(dr別)

ご存知フォークの歌姫「いわさききょうこ」と70年代フォーク猫の「常富喜雄」が秋のツアーで新発田にやってきます!

あったか~い空気に包まれてくださ~い!
オープニングアクトには、地元から菊池真樹が出演します!
ご予約は→ http://www.showben-kozo.com/hall_guide/

 

いわさききょうこ profile

シンガーソングライター
生年月日:1981年8月1日
出身地:東京都
血液型:A
星座:獅子座
楽器:ピアノ & アコースティックギター
立教大学英米文学科卒

2000年 大学在学中に
高校時代の同級生「梶原もも子」とのユニット「ピコマコ」を結成
2003年 オリジナル曲「フォトグラフ」をリリース

2004年 「ピコマコ」解散後 ソロアーティストとしての道を歩む

現在までに
『風人』『僕のセイだと僕は知る』『今、僕のすべて』

『花のように』『Downtown Rhapsody』の5枚のオリジナルアルバムをリリース
また、2013.12.1には
60年代、70年代のフォーク、歌謡曲をカバーした
初のカバーアルバム『歌は眠らない』をリリース

2015.10.7には第二弾『歌は眠らないII』をリリース

2018.1.26には

7年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『道の鼓動』をリリース

舞台音楽 CM音楽制作などの他
東京都内のライブハウスを中心に
年間140本以上のライブを精力的にこなす
2013年より
全国津々浦々へツアーを開始

座右の銘:一生迷走
愛器:Yairi RNY-1000K(2003)
Martin 00-18V CTM Engelmann(2011)

Sakata Guitar  00-18C (2017)
愛車:ボコボコのスバルインプレッサ
→つるつるの日産ステージア(でも、既に左側に傷を作ってしまった)
→弱そうなモビリオ(まだ傷なし♪)

→好きな形 モビリオスパイク
愛するもの:ルイ(猫) コージー(猫) もふ(猫) 睡眠 谷川俊太郎

登山

南八ヶ岳縦走、富士山、槍ヶ岳

白山、劒岳

 

2019年7月24日 更新10月14日(月) 松本耕平 live tour 2019 pm6:30op/7:30st 

当日3000円、予約2500円(D別)

オープニングアクトには地元から「せいの正晃」が出演します!

ご予約は→ http://www.showben-kozo.com/hall_guide/

/

埼玉県浦和出身。

自らの活動を「唄旅」と称し、全国を旅しながらライブハウス、バーや路上、学校や施設など、場所を問わず年間約300本のライブ暮らしを継続中。
2017年、自身未開の地、沖縄で46日間滞在し北谷MOD’Sでのワンマンライブを成功させる。
同年秋、大阪から東京まで歌いながら561kmを歩く旅を完遂。

2018年、その活動の幅を更に拡げ、2019年1月、自身最大規模である柏PALOOZAでの完全弾き語りワンマンに挑戦。

https://www.youtube.com/watch?v=mvJ968Ye4kMblog:https://ameblo.jp/sing-love-life/
twitter,facebook:「松本耕平」で検索

 

2019年6月18日 更新9月16日(月) NSP 中村貴之 Live Tour ”詠い人の旅” ~to the paradice 2019~  pm6:00op/7:00st

今年も新発田にNSPサウンドを届けてくれます!

間近なステージで大いに盛り上がりましょう♪

当日4800円、予約 4500円

ご予約はこちらから→ http://www.showben-kozo.com/hall_guide/

アーチスト・プロフィール

1973年6月25日「さようなら」で『NSP』の一員としてデビュー。翌1974年には「夕暮れ時はさびしそう」が大ヒット。その後も「雨は似合わない」「赤い糸の伝説」「弥生冷たい風」「八十八夜」など数多くのヒット曲を生み出し、アルバムセールスは300万枚を突破、NSPはビッググループとなったが、1985年「コンサートツアー85’FLY TO THE MOON」を最後に中村は脱退した。2002年、16年ぶりにオリジナルメンバーで復活。再び『NSP』として音楽活動を再開、順調な活動を見せるも、2005年7月、リーダーの天野滋の死去に伴い、再びその歩みを停めた。

その後中村は、2007年7月野外イベントからソロとしての活動を開始、現在に至る。

 

2008年には、ミニアルバム「Close Your Eyes―僕の声が聴こえてますか」をリリースするとともにソロとして初のライブツアーを敢行。

それ以降は毎年ライブツアーを続けており、2013年には、「60th anniversary tour 2013 Unforgettable―ひと巡り」を全国60会場に渡って敢行。同時にソロとしては初となるフルアルバム「Unforgettable ―あの日僕の心に刻まれたもの」を6/25にリリースし、精力的に活動を展開した。

そして、2014年6月25日にはアニバーサリーツアーのライブDVD&CDセット「Unforgettable―ひと巡り」をリリースし、50本を越えるツアーを敢行した。

2015年7月29日にはソロとしてのセカンドアルバム「詠い人の歌」をリリースするとともに、Live Tour 2015 ―街から町へふたたび―と銘打ち、全国71会場に及ぶツアーを敢行した。

2016年7月20日には2015年ツアーファイナルの模様を収録した、中村貴之(NSP) Live Tour 2015 ―街から町へふたたび― をリリースするとともに、2016.7.24より1年間に渡って「中村貴之(NSP) Live Tour 詠い人の旅2016-2017 “ Towards The Next Purpose” を展開中である。

 

又、2012年からは細坪基佳(元ふきのとう)・平賀和人とともに、別ユニット「スリーハンサムズ」の活動も同時に展開中である。

 

[DISCOGRAPHY]

 

☆ Close Your Eyes ―僕の声が聴こえてますか― (全4曲入り) YZTN10001 08.6.21

※ソロとして最初にリリースされたミニアルバム

 

☆ 中村貴之 TOUR2008 ―まだまだやるよ― YZTN10002 09.4.22

※ソロとして初のライブアルバム

 

  • Unforgettable ―あの日僕の心に刻まれたもの― YZTN10003 6.25

※ソロとして初のフルアルバム

 

  • Unforgettable ~ひと巡り~ YZTN8001 6.25

※「60th snniversary Tour 2013」 のファイナル東京のライブDVD&CDセット

 

  • 詠い人の歌 YZTN-10005 7.29

※ソロとしての2ndフルアルバム

 

☆中村貴之(NSP) Live Tour 2015 ―街から町へふたたび― YZTN8002

※2015.12.20 Live Tour Final 原宿QUEST HALL の no cut Live DVD + 2 Live CD

 

全て、発売元:OXY RECODS 販売元:クラウン徳間ミュージック販売(株)

 

★オフィシャルHP http//:www.nsp-nakataka.jp

 

https://www.youtube.com/watch?v=8VVs7AS-wWg

 

2019年6月16日 更新8月19日(月) 堀江 淳 live tour ”令和元年 新発田” pm6:30op/7:30st

あの堀江 淳が久しぶりに新発田にやってきます!
名曲「メモリーグラス」から30数年、ほかにも数々のヒットナンバーをお届けしますよ。

皆さんの応援よろしくお願いします!

当日3800円、予約3500円(dr別)

予約フォームはこちら→ http://www.showben-kozo.com/hall_guide/

ほりえキャプチャ